HOME > 通信コースのご紹介 > パターン科基礎1のご案内

通信コースのご紹介 忙しくても着実にマスター

製図科(パターン科)【基礎1】のご案内

期間・費用

カリキュラム内容

Curriculum.1 原型
トミー式定規の使い方をマスター

まずは定規の使い方や、服作りの基礎となる原型の製図の引き方をマスターしましょう。
定規に刻まれているメモリに体の各部分の数値を当てはめるだけで、ほとんど補正の必要がない原型が2分程度で描けるようになります。

1回目はとにかく定規に慣れることが大事!
課題では目盛の見間違いやカーブ線に注意してね 。

毎回添削カードに書かれている
先生のあたたかいコメントに励まされます

まずは服を着る人のサイズを正しく測りましょう。

Curriculum.2 半袖、長袖ほか
袖の各種デザインに合わせてポイントを整理

袖のデザインも基本をマスターすればアレンジ自在。
「トミー式定規」を使えば、袖の幅や袖山の高さなども身頃に合わせて計算ナシで簡単に割り出せます。体型によって変わるフレンチスリーブの角度も、定規を当てはめるだけ。

袖山の高さや幅をスラスラ書いて課題を提出!
もちろん実際に型紙を切る練習をしてもOKです。

Curriculum.3 ワンピース、ジャケット、ブラウス(スタンドカラー)
憧れのワンピースやジャケットにチャレンジ

自分のバスト、ウエスト、ヒップのサイズに合ったゆとりやダーツの量で、着やすく美しいシルエットに。ウエストからヒップへのラインも「トミー式定規」で簡単に割り出せて便利です。流行を意識した細身のアレンジなども楽々!

原型の丈を伸ばしたり、ゆとりの増やし方等の応用練習として前身頃、後身頃の製図と型紙の作り方まで詳しく解説!

ウエストからヒップへのラインも簡単に割り出せて便利

通信コースの資料請求・受講申し込み

このページのトップへ

関連コンテンツ
作品・各コース紹介はこちら
  • できる!作れる!作品紹介
  • 好きな服が作れる!しっかり学べる!通学コース紹介
  • 忙しくても着実にマスター!通信コース紹介

このページのトップへ